「第9回大阪府障害者スポーツコーチフォーラム」開催!

 平成19年1月28日(日)大阪市立中央会館において、障害者スポーツにおける福祉と教育の役割、連携を考えると題して、「第9回大阪府障害者スポーツコーチフォーラム」を開催しました。
 今回は2部構成として開催し、1部では2004年アテネパラリンピック水泳競技日本代表、金メダリストの河合純一氏に「障害者スポーツと学校教育」というテーマで基調講演を行なっていただきました。

 河合氏から、スポーツを始めた経緯やこれまでの経験などを語っていただきました。
 
 自身がこれまで出会ってこられた指導者、先生、先輩や仲間との関係から、「いい出会いとは待っていては駄目。同じ目的をもっている人同士が引き合うことによって出会う偶然が生まれる。努力し続ける人間なり、前向きに取り組んでいる人間にチャンスが転がってくる。」という発言がありました。
 また、教育者として「障害理解」ということに触れられ、現在、生徒たちにさせている体験では「できないんだから、もっと援助や補助しなければいけない」という理解にしかならない。「できないと思っていたことができるとわかった瞬間に、障害者に対するプラスのイメージが持てるようになる。」という話に約90名の参加者は熱心に聞き入っておられました。
 さらに、参加されていた障害者スポーツの指導者に対し、「障害に対する理解、競技に対する理解を深め、選手を常に振り返り、指導にあたってもらいたい。情熱を持って」。という河合氏からの願いを伝えられました。
 2部では1部で講演いただいた河合氏と、大阪体育大学健康福祉学部の小西治子氏による講演が対談形式で行なわれました。
 対談では、両氏の学校における指導状況や、現在の障害者スポーツの位置づけ等について、「居酒屋で話をするような」感覚ですすめられ、一部のテーマをさらに掘り下げた内容となりました。
 参加者からも多くの質問があり、両氏が熱心に答えられ、会場が一体となった対談となりました。
最後に小西氏から「子どもたち、そして誰もが幸せになる時間を持てるようにぜひスポーツも活用し、学校教育の中で有意義な時間を過ごせるように、これからもぜひみんなで一緒に努力していけたらと考えています。」という言葉で、閉会しました。
 
当日の詳しい内容は、大阪府障害者スポーツ振興協会ホームページで紹介しています。http://www.osad.jp/


<問い合わせ先>〒540-8570 大阪市中央区大手前2丁目 大阪府生活文化部 文化・スポーツ振興室 生涯スポーツ振興課 TEL 06-6941-1585 FAX 06-6949-0720 E‐mail sport-shinko@sbox.pref.osaka.lg.jp