自然にふれよう! 英語にふれよう! 文化にふれよう!
外国人チューターと行く コミュニケーション・キャンプ
2002年度より完全実施された「総合的な学習の時間」では、配慮事項として、自然体験や体験的な学習、問題解決的な学習を積極的に取り入れ、グループや異年齢集団など多様な学習形態の工夫があげられている。他にも、地域の協力や地域の教材、外国語に親しむ事柄があげられている。このような施策がうちだされた背景には、子どもたちの体験不足やコミュニケーション不足などさまざまな問題があげられる。そこで、財団法人大阪府レクリエーション協会では、現代の子どもたちの様々な問題や総合的学習の時間を視野に入れ子のキャンプを企画した。このキャンプでは、ユニークな外国人達と共に自然体験・生活体験、仲間づくりや集団生活を体験し、英語にふれ、自然や人にふれ、文化にふれる。そこでの様々な楽しみ体験から「生きる力」が育まれ、そして、青少年の健全育成に寄与できればという思いがある。本キャンプは、8月17日〜21日(4泊5日)の日程で、大阪府立総合青少年野外活動センターで行われた。内容は、カヌーや野外炊事、ダッジオーブン料理などのキャンププログラムに加えて、外国の文化や遊び体験、能勢の地に根付く伝統芸能「浄瑠璃」を体験するなどの文化的なプログラム、剣尾山ハイキングではチャレンジ的なプログラム、五感で自然を感じるネイチャーハイク、キャンプファイヤーのスタンツや旗づくりなどの創作プログラムなど盛りだくさんの内容であった。そして、子どもたちは、外国の歌やあそび、踊りをすっかり覚え、自分たちで自然に楽しめるようになっていた。このような原体験こそが、生涯を通じて楽しく充実した日々を送る秘訣となるのではないだろうか。
大阪府地域生涯スポーツ推進協議会
(泉北地域) 《2004年堺市スポーツレクリエーションフェスティバル》  平成16年6月27日開催
泉北地域(堺市・高石市・泉大津市・和泉市・忠岡町)の子供から大人まで幅広い人々のスポーツ意識を高め生涯スポーツの振興を図るために開催されました。実施種目は、インディアカ、グラウンド・ゴルフ、ゲートボール、ターゲット・バードゴルフ、バウンドテニスで、893名の参加がありました。このフェスティバルは8回目を迎え、参加数は過去最高ででした。着実に生涯スポーツが普及し、泉北地域のスポーツ意識が高まりつつある証としてとても喜ばしいことであります。当日は全種目開催することができましたが、一時的に雨が降り、レインjコートを着ながら競技している参加者もいましたが、天気はすぐに回復し、参加者たちの一安心といった顔が印象的でした。体験コーナーでは、アジャタ、アトラックといったニュースポーツ10種類を設けました。ヒューストンでは、子どもたちが「新記録をつくる!」と盛り上がり、多くの人々にニュースポーツの楽しさを実感していただけました。
(豊能地域) 《第7回シートス水泳大会》  平成16年6月27日開催
豊能町立スポーツセンターシートス温水プールにおいて、水泳大会を開催しました。今回で7回目を迎え、初夏のシートス恒例イベントとして定着し、豊能地域はもとより、大阪府内や兵庫県内の小学1年生からシルバーまで、249名のスイマーが力泳しました。この大会は、4泳法種目別距離別の他に、100m個人メドレーや小学生スイマーのバタ足などを実施。また25m×4リレーでは、家族や友だちどうしの参加があり、老若男女を問わず「地域の子どもから高齢者の方までの交流の場」とした大会となっています。