第6回大阪府障害者スポーツコーチフォーラム 開催
 「第6回大阪府障害者スポーツコーチフォーラム」が平成16年2月11日(水・祝)に大阪市中央区のアピオ大阪小ホールで開催されました。
 本フォーラムは、府内の障害者スポーツ関係者や福祉・教育行政関係者などが一堂に会し、障害者スポーツの現状や課題・問題点について認識を深め、今後の障害者スポーツの振興方策を探ることを目的として実施しています。
 当日は、障害者スポーツに関心を持つ133名が集い、(財)日本障害者スポーツ協会指導課長で日本パラリンピック委員会の事務局次長を務められている中森邦男氏によるアテネパラリンピックにスポットをあてた基調講演と大阪体育大学健康福祉学部の小西治子(司会)、シドニーパラリンピック視覚障害者柔道銅メダリストの松本義和、フェスピック釜山大会ライフル射撃銀メダリストの寺井亜希、忠岡町福祉部福祉課保健センター係長の小路浩子の4氏による「リハビリテーションスポーツからアスリートスポーツへの道」と題してのシンポジウムが行われ、参加者は熱心に聞き入っていました。
本フォーラムにより、今年の9月に迫ったアテネパラリンピックに向け、熱き戦いを繰り広げる世界や日本のアスリートの現状、障害者スポーツの普及に向けた地域の先進的な取り組みなどが明らかになり、大阪の障害者スポーツの明日の姿を描く大きなステップとなりました。
 フォーラム終了後、「パラリンピックについての新たな情報が得ることができた」、「シンポジストの方々の前向きな姿勢に感銘を受けた」、「トップアスリートからの障害者スポーツの現状を聞くことにより、今どのようなことが求められているのかがわかった」など、参加者から多くの感想が寄せられ、第6回大阪府障害者スポーツコーチフォーラムは幕を閉じました。  
大阪府障害者スポーツ教室 開催
 平成16年1月24日から3月21日までの土・日曜日に府内各地域の市民体育館等を使用して、大阪府障害者スポーツ教室が開催されました。(全9教室)
 この事業は、障害者の身近な地域において、気軽に参加して楽しめるスポーツ教室を開催することにより、障害者スポーツ人口の拡大を図ることを目的としており、知的障害者や重度障害者の方々にもスポーツに親しんでいただけるよう種目(ボッチャ、フライングディスク)などにも工夫をしています。
 どの教室も多くの参加者があり、この事業を契機として地域におけるスポーツ活動が今後益々盛んになることが期待されます。
開催日 開催場所 種目
1月24日(土) 大東市立市民体育館 ボッチャ・ビームライフル
1月25日(日) 高石市立体育館 フライングディスク
2月15日(日) 岸和田市サンアビリティーズ内体育館 フライングディスク
2月28日(土) 羽曳野市立総合スポーツセンター ニュースポーツ・ビームライフル
3月6日(土) 箕面市立第1総合運動場
市民体育館スカイアリーナ
卓球
3月7日(日) 枚方市村野サプリ体育館 ニュースポーツ・ビームライフル
3月13日(土) 阪南市立総合体育館 エアロビクス・トランポリン・
フライングディスク
3月14日(日) 貝塚市総合体育館 バレーボール
3月21日(日) 藤井寺市民総合体育館 フライングディスク・ニュースポーツ
問い合わせ先
〒540-8570 大阪市中央区大手前2丁目 大阪府生活文化部 生涯スポーツ振興課
TEL 06-6941-1585 FAX 06-6949-0720
E‐mail sport-shinko@sbox.pref.osaka.jp