平成29年度 トップアスリート小学校ふれあい事業
(NTTドコモレッドハリケーンズ小学校訪問)

今回はNTTドコモレッドハリケーンズの選手に府内2校の小学校へ訪問していただきます。


2月13日は大東市立南郷小学校へ、緑川昌樹選手、北島大選手、衛藤陽介選手、茂野洸気選手、秦一平選手が訪問しました。

児童による「歓迎のことば」から授業がはじまり、最初は準備運動をかねて鬼ごっこを行いました。選手が鬼をするのでみんな必死で逃げ回ります。続いて「コーン取りゲーム」を行います。4チームで勝負し、自分たちのエリアにコーンを3つそろえると勝ちになります。ゲームを通して、ラグビーに必要な状況判断能力とチームワークを養うことができました。つぎに、ボールを持ってランニングを行い、戻ってくれば次の人にボールをパスします。相手が取りやすいように思いやりを持って投げることの大切さを学びました。後半では、3グループに分かれ、①スクリューパス体験、高く蹴り上げたボールのキャッチ体験、②ラインアウトのリフトアップ体験、③タックル、トライ体験を行いました。

短時間ではありましたが、ラグビーの魅力だけでなく選手の優しさを存分に味わうことのできる充実した時間を過ごすことができました。

【訪問先一覧】

2月13日(火)大東市立南郷小学校
2月26日(月)枚方市立船橋小学校