平成29年度 トップアスリート小学校ふれあい事業
(大阪エヴェッサスクールコーチ小学校訪問)

 12月13日(水)に大阪エヴェッサのスクールコーチ、大井コーチと木村コーチが松原市立松原西小学校を訪問し3年生、5年生、6年生に授業を行いました。


「1,2,3 エヴェッサ!!」の大きな掛け声で授業が始まりました。
 スキップと手足の動きを取り入れた準備運動で体を温めてた後、バスケットの基本技術であるドリブルを練習しました。グループ内で協力して楽しく取組み、指先でボールを扱うことと前を向くことを意識できました。パス練習では、キャッチボイスを掛け合いながらチェストパスとバウンドパスを練習しました。最後は、シュート練習でワンハンドシュートを体験しました。コーチの見事なお手本を見て、拍手喝采!しかし同じように試みますが、最初はゴールまで届かないこともありました。何回も練習しているうちに、肘と膝を伸ばす力を上手く使えるようになり段々と上達していきました。短時間ではありましたが、とても楽しい授業を受けることができました。

【訪問先一覧】

12月13日(水)松原市立松原西小学校