キャンプ地を検索

  • 万博記念競技場万博記念競技場は、日本陸上競技連盟の第1種公認陸上競技場(H29年3月第2種に変更予定)で、2002年にはIAAFグランプリ大阪大会が開催されました。また、サッカーにおいては、1993年のJリーグ発足から2015年まで、ガンバ大阪のホームスタジアムとして、数々の熱戦が繰り広げられました。
  • 万博記念公園 テニスコート万博記念公園のテニスコートは、アンツーカ22面、夜間照明設備付きの砂入り人工芝14面(うち屋内4面)の総面数36面と国内でも有数の規模です。
  • 東大阪市花園ラグビー場昭和4年に、日本初のラグビー専用競技場として開設された由緒ある競技場です。また、毎年、全国高校ラグビーフットボール大会が開催され、『ラグビーの聖地』として全国に知られています。
    平成27年3月2日には、ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催地に選ばれました。現在は、2019年の大会に向けて、スタジアムの改修等の準備が進められています。
  • 長居陸上競技場第1種公認陸上競技場である長居陸上競技場と第2陸上競技場は、2002年FIFAワールドカップや東アジア競技大会、第11回IAAF世界陸上競技選手権大会など、多くの国際スポーツイベントを成功させてきた、世界でも屈指のスポーツステージです。
    身体に負担をかけない最新仕様のトラックや、専属のグラウンドキーパーが整備する天然芝のフィールド、大型スクリーン、ナイター照明などを完備しています。
  • 大阪市中央体育館大阪市中央体育館は、緑豊かなふたつの丘陵をモチーフにした建物で、直径110mの広さをもつメインアリーナをはじめ、すべての施設を地下に設けた世界的にも珍しい半地下方式を採用の多目的空間です。メインアリーナはフロア面積3580㎡、最大観客収容数10,000人となっており、大型映像装置等が設置されています。
    大阪のスポーツの中心地として、多くの方に親しまれており、FIVBバレーボールワールドカップ等多くの国際大会の開催実績があります。
  • 大阪プール大阪プールは、八幡屋公園の東側に位置する銀色に輝く円盤状の建物で、施設はメインとなる50mの国際公認プール(10コース)、公認飛込みプールのほか、25mの公認プール(8コース)を備えた屋内プールで、メインプールには収容人数3,500人の観客スタンドがあり、大型映像装置や自動審判計時装置等が設置されています。
  • 靱テニスセンター大阪市内の中心部に位置しアクセスはしやすい立地にあります。
    テニスコートのサーフェースはハードコート(デコターフ)であり、ITFの仕様に沿っています。
    全米オープン大会会場と同じサーフェースであり、過去にデビスカップ、フェデレーションカップを開催しています。
    施設内に100席のレストランを完備しています。他にも大小会議室も備えています。
  • 舞洲アリーナ本施設は、メインアリーナにおいてバレーボールやバスケットボール、体操競技等の室内競技の様々なスポーツに対応しており、国際試合も可能です。(バレーボール:4面、バスケットボール:3面、バドミントン16面)
    また、バスケットボール1面分のサブアリーナも有しているほか、大小会議室を備えており、車イス対応のシャワー室も完備しています。
  • 守口市民体育館国際大会や国内スポーツ大会等が毎年開催される施設です。近隣には宿泊施設もあり、駅前に立地していることからアクセスは非常に便利です。
  • J-GREEN 堺
    (堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)
    観客席約3,600席を備えたメインフィールドのほか、天然芝フィールド4面、人工芝フィールド11面、フットサルコート8面を有するなど、日本最大級の施設規模を誇り、文部科学省から「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設」に指定されています。
    また、同施設内にある「DREAM CAMP」をはじめ、近郊には宿泊施設などが数多く立地しているほか、関西国際空港からのアクセスも良く、サッカーやラグビー日本代表選手団が事前トレーニングを実施しました。
  • サイクルピア岸和田
    BMXコース
    本コースは、関西空港から電車で約20分の市街地にあり、立地条件に恵まれており付属施設の利便性も高いため、国内の遠方からの利用者も増加しています。施設再整備計画を策定しており、より利便性が高く、技能向上を図ることのできる施設の整備を検討しています。
  • 大阪府営せんなん里海公園
    潮騒ビバレー
    大阪府営せんなん里海公園潮騒ビバレーは、3,000人を収容できる国内唯一の常設ビーチバレー競技場です。施設内には、常設コート2面のほか、シャワーやロッカールーム、トレーニングルームが完備されています。また、関西の空の玄関口である関西国際空港から30分圏内に位置するとともに、徒歩圏内には宿泊施設が立地するなど合宿環境が整備されています。
  • 大阪府立
    障がい者交流促進センター
    ファインプラザ大阪
    ファインプラザ大阪は、障がい者スポーツの振興にかかる広域的・中核的な施設として、積極的な役割を果たしています。
    屋内プール(25m)やトレーニング室を設備、本格的なトレーニングも可能です。 駐車場完備。最寄駅より無料シャトルバスも運行しております。
  1. HOME
  2. キャンプ地を検索
背景