キャンプ地としての大阪の魅力

大阪

大阪は、約880万人が暮らし年間700万人以上の外国人旅行者が訪れる日本の大都市。
古代からヒト・モノ・文化が行き交う国際的な窓口として栄え、今日も空の玄関である関西国際空港で多くのお客様をお迎えしています。

大阪では、陸上、水泳、テニス、自転車などの国際的な大会を開催。2019ラグビーワールドカップ日本大会では、日本ラグビーの聖地である東大阪市花園ラグビー場が会場です。
日本の伝統的なスポーツである大相撲や、ジャパンパラ水泳競技大会なども長年の開催実績があります。

キャンプ地としても、競泳では、南アフリカや日本、イギリスが、陸上ではアメリカが、サッカーでは日本代表が合宿をしております。

大阪で数々の国際的な大会が開かれ、キャンプ地として選ばれてきた理由は3つあります。

  • 1オリンピック競技の開催や事前キャンプ地に最適の環境
    世界基準の競技場、国際大会やキャンプの豊富な実績、充実したトレーニング設備があります。
  • 2国内外からの交通の利便性
    24時間運用可能な関西国際空港は、東京・成田空港まで約1時間20分、大阪市内中心部には1時間以内に到着できます。
    京都、奈良、神戸など大阪中心部から1時間前後で移動可能です。
  • 3オール大阪で海外からの観戦客をおもてなし
    インターナショナルチェーンホテルが数多く立地。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン等の観光施設、ショッピング、神社仏閣、自然景観、文化体験、美食等を楽しむことができます。

ぜひ、大阪にお越しください。お待ちしております。

  1. HOME
  2. キャンプ地としての大阪の魅力
背景