サイト内検索

HOMEに戻る

データ情報
  • イベント情報
  • 教室情報
  • 施設情報
  • 団体情報
NSNコンテンツ
  • NSNとは?
  • 更新情報
  • なみはや通信
  • 大阪スポーツ王国
  • スポーツ百科
  • リンク集
ニューズレター
  • 過去アーカイブ
  • スポーツボランティア(モッピ-クラブ)

なみはや通信

>なみはや通信TOPへ

ソチオリンピックスノーボード男子ハーフパイプで銅メダルを獲得した平岡卓選手へ感動大阪大賞を贈呈しました!

3月13日(木)、ソチオリンピックスノーボード男子ハーフパイプで銅メダルを獲得された平岡卓選手に大阪府知事は大阪府民に深い感動と勇気を与えたとして、「感動大阪大賞」及び「大阪スポーツ大賞」を贈呈しました。

また、「感動大阪大賞」の記念品として、錫器事業協同組合から大阪の伝統工芸品である「大阪浪華錫器(おおさかなにわすずき)のタンブラー」及び大阪タオル工業組合から泉州こだわりタオルを無償で提供いただきました。

平岡選手はモーグルスキー選手であった父の影響で、スキーを3歳で始めたそうです。冬場にはお父さんの運転する乗用車で4~5時間(!!)かけて岐阜県のスキー場に通い、腕を磨きました。

その後、数々の大会で上位成績を残し、12歳にしてプロに昇格、14歳で世界の頂点に立ちます。高難度の「ダブルコーク」(縦2回転横3回転の技)などのトリックにも磨きをかけ、世界のトップライダーとしのぎを削る日々です。

また、ソチオリンピック後、3月3日(月)-8日(土)にアメリカ、コロラドで開催されたBURTON US-OPENでは2位を獲得!
その結果TTR(Ticket to Rideの略。世界最高級のスノーボード競技環境を創造することを使命とするライダー中心の非営利組織)の2014ワールドスノーボードツアーのハーフパイプ部門でツアーチャンピオンとなったのです!
このようにスノボ界のチャンピオンともいえる平岡選手ですが、見た目は真面目で爽やかな男子高校生。贈呈式の会場で沢山の取材陣に囲まれ、少し戸惑っている姿がとても初々しく、印象的でした。

春からは大学進学が決まり、「とりあえずゆっくりと休みたい」とのこと。記者から今後の目標を尋ねられると「スノーボードを楽しんでやっていきたい」と答えられ、本当にスノーボードが大好きなんだということが強く伝わってきました。

気負わない自然体の平岡選手の姿は、メダル獲得のための重圧、プレッシャーもあったでしょうが、それをみじんにも感じさせないほど軽やかで、改めてトップアスリートのすごさを感じました。

平岡選手の、これからのご活躍をお祈りいたします!



モッピーも同席させていただきました。



記念品の錫器の贈呈。差し出されるマイクの数の多さにモッピーも緊張気味。



タオルの贈呈。五色のタオルでオリンピックの形をイメージしてみました。



「ちょっと触らせて」と知事。



恒例のモッピー人形とのツーショット。後光が差すような爽やかさ!



平岡選手、ありがとうございました!

ページの先頭へ


大阪府府民文化部 文化・スポーツ室
スポーツ振興課 スポーツ振興グループ
電話番号:06-6210-9308又は9324
〒559-8555 大阪府大阪市 住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎37階
sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp