サイト内検索

HOMEに戻る

データ情報
  • イベント情報
  • 教室情報
  • 施設情報
  • 団体情報
NSNコンテンツ
  • NSNとは?
  • 更新情報
  • なみはや通信
  • 大阪スポーツ王国
  • スポーツ百科
  • リンク集
ニューズレター
  • 過去アーカイブ
  • スポーツボランティア(モッピ-クラブ)

なみはや通信

>なみはや通信TOPへ

「2013パナソニックオープン」が開催されました!




9月26日から29日に大阪府茨木市で、「2013アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」が開催されました。
この大会は、アジア太平洋地域のプロ・アマトッププレーヤーが参戦する大会です。
舞台となった「茨木カンツリークラブ」は、記念すべき第1回パナソニックオープンが開催された場所でもあり、90年の歴史がある名門コースとして知られています。古樹や竹林に囲まれた美しい景色とは反対に、高水準に設計・整備されたコースはハイレベルなプレーを要求される難コースです。

29日の最終ラウンドは、晴れやかな天気に恵まれ、早朝から老若男女問わず大勢のゴルフファンが観戦に来ていました。


9月末にも関わらず日差しが強いこと。ゴルフ観戦に帽子は必須ですね!



練習中の選手にもギャラリーがたくさん。


皆さん、食い入るようにプレーを見守っています。ショットの直前はしん、と静まり返り独特の緊張感に包まれていました。


残念、バンカーに入ってしまいました。うまく抜け出せるか…!?


バンカーショット成功!ギャラリーからも拍手があがります。


ギャラリーの「おーっ」という声にふと振りかえると、ひときわたくさんのギャラリーに囲まれた片山晋吾選手の姿が。
トレードマークのテンガロンハットはやはり目を惹きますね。颯爽と歩く姿が印象的でした。


大会中は、ギャラリーから度々「ナイスショット」の声があがり、移動中の選手に「がんばれ」と声をかける人も見られるなど、終始なごやかな雰囲気が流れていました。

さて、広い会場を歩き回り、足も疲れてきたところで、ギャラリープラザに向います。ギャラリープラザにはお弁当や料理を販売するテントが並んでいて、昼食をとる来場者でごったがえしていました。




飲食コーナーには美味しそうなお弁当が充実。
大阪府産品の「地産地消」をテーマとした露天市なども。

パナソニックのマッサージソファ体験コーナーでは、歩き疲れた足をほぐす人の姿が見られました。スマートビエラで大会の様子を見ながら体験を受けられる所が、パナソニックらしい心配りです。
キッズスペースもあるので、小さな子供達も楽しそうに遊んでいました。


芝生の上で駆け回るのは気持ち良い!



大会の結果は、驚きの逆転劇で20歳の川村昌弘選手がツアー初優勝!
ツアー史上5番目の年少記録を達成しました。
実力派揃いの中で、若手の川村選手が優勝を手にするという波乱の結果となり、最後までどうなるかわからないドキドキハラハラの戦いでした。

ページの先頭へ


大阪府府民文化部 文化・スポーツ室
スポーツ振興課 スポーツ振興グループ
電話番号:06-6210-9308又は9324
〒559-8555 大阪府大阪市 住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎37階
sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp