サイト内検索

HOMEに戻る

データ情報
  • イベント情報
  • 教室情報
  • 施設情報
  • 団体情報
NSNコンテンツ
  • NSNとは?
  • 更新情報
  • なみはや通信
  • 大阪スポーツ王国
  • スポーツ百科
  • リンク集
ニューズレター
  • 過去アーカイブ
  • スポーツボランティア(モッピ-クラブ)

なみはや通信

>なみはや通信TOPへ

第30回全日本ウェイト制空手道選手権大会中量級で優勝の中村選手に表敬訪問いただきました!

平成25年6月1日、2日と大阪府立体育会館で開催された「第30回全日本ウェイト制空手道選手権大会」の中量級の部で優勝した中村昌永(なかむら・まさなが)選手が、7月23日(火)、大阪府知事を表敬訪問されました。

極真空手無差別世界大会で2連覇を達成した中村誠師範を父に持つ中村選手。
父親の影響で物心ついた頃から空手を始めるものの、小学校高学年からの6年間はサッカー、その後高校からの7年間はバスケットと、計13年間に渡り、空手からは完全に離れていたそうです。
大学卒業を機に中村道場の職員になった中村選手は再び空手と向き合うようになり、その後の大躍進で数々の空手大会で優勝。そしてこの度の第30回全日本ウェイト制空手道選手権大会において初優勝を飾られました。

この日は父親の中村誠師範もご同行くださいました。

「中村さん本当におめでとうございます。全日本チャンピオンということで 国際大会でも様々な成績を残されていると聞いています。 これからも更なる上を目指してください。期待しています。」
との大阪府知事の言葉から始まった表敬訪問は、終始とても和やかなムードでした。

大阪府知事も昔空手をされていたようで、なんとお子さんも空手を習われていたそうです。
空手に詳しい大阪府知事は、実際に打撃を加える極真空手の厳しい稽古話や流派についての違いを中村選手と話しました。

相手に打撃を加える極真空手。しかし中村誠師範いわく45年以上指導を続ける中で、門下生に未だ大きな事故はないそうです。やはり選手たちの日頃の鍛錬の賜物ですね。

記念撮影を終え、表敬訪問はここで終了しましたが、中村選手はモッピーと2ショットで写真が撮りたかったようで、最後に2人で記念撮影。
モッピーも嬉しかったのか、中村選手に組手を要望。
あっさり負けてしまいました。

中村選手、これからのご活躍をお祈りいたします!


中村選手の到着を楽しみに待つモッピー


握手をかわす大阪府知事と中村選手。


和やかなムードで進む歓談。父親の中村誠師範からも自然と笑みがこぼれます。


お2人の笑顔も素敵ですね!


記念品の贈呈。



中村選手からもシューズケースをいただきました!


最後はみんなで記念撮影!


と思いきや中村選手からの要望でモッピーと2ショット記念撮影♪


今度はモッピーから組手の要望!


リ、リーチの差が…。あっさり負けてしまいました。

ページの先頭へ


大阪府府民文化部 文化・スポーツ室
スポーツ振興課 スポーツ振興グループ
電話番号:06-6210-9308又は9324
〒559-8555 大阪府大阪市 住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎37階
sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp