サイト内検索

HOMEに戻る

データ情報
  • イベント情報
  • 教室情報
  • 施設情報
  • 団体情報
NSNコンテンツ
  • NSNとは?
  • 更新情報
  • なみはや通信
  • 大阪スポーツ王国
  • スポーツ百科
  • リンク集
ニューズレター
  • 過去アーカイブ
  • スポーツボランティア(モッピ-クラブ)

なみはや通信

>なみはや通信TOPへ

大阪でフィギュアスケートの国際大会が開催されました!

フィギュアスケートの国際大会「ISU 四大陸フィギュアスケート選手権大会 2013」が2月8日から11日までの4日間に渡り、大阪市港区の大阪市中央体育館で開催されました。この大会はアフリカ、アジア、オセアニア、アメリカの各地域の代表選手たちが参加して競技を行うものです。
日本からは浅田真央選手、鈴木明子選手、羽生結弦選手、高橋大輔選手をはじめ、12名の選手が参加しました。
注目の女子シングルでは、ショートプログラムでトリプルアクセルを決めた浅田真央選手がフリースケーティングでも落ち着いた演技を見せて優勝!!2位には鈴木明子選手、3位には村上佳菜子選手が入り、なんと国際大会であるにも関わらず、1~3位を日本選手が独占するという素晴らしい快挙を達成しました。
男子シングルでは地元大阪の高橋大輔選手の活躍に期待がかかりましたが、調子が上がらず7位。カナダのケビン・レイノルズ選手が優勝し、2位には4回転ジャンプを決めた羽生結弦選手が入りました。
男性が女性を投げるスロージャンプやリフトなどのダイナミックな技が繰り広げられるペアでは、カナダのデュハメル/ラドフォード組が優勝。
 ジャンプこそありませんが、華やかな衣装と洗練された技術が氷上に美しい花を咲かせるアイスダンスでは、バンクーバーオリンピック銀メダリスト、アメリカのデイビス/ホワイト組が優勝しました。
 今回の大会のテレビ放送では、浅田真央選手がフリー演技を終了した瞬間の視聴率が29.5パーセントをマークしたそうです。このように注目の高いスポーツの大会が大阪で開催されるのは、嬉しいことですよね。


女子は日本代表の3選手が表彰台を独占!

最終日の11日には、この大会で活躍した選手たちによるエキシビション演技が華やかに繰り広げられました。



オープニングには子役で人気の本田望結ちゃんが特別ゲストとして登場。愛らしいポーズでお客さんを魅了しました。


3位に入った村上佳菜子選手はこの春から大学生。エキシビションの演技は、少し大人っぽい雰囲気でした。


姿を見せると大歓声が湧き上がる高橋大輔選手。「タンゴ」による妖艶な雰囲気!


4回転ジャンプを決めて銀メダルを獲得した羽生結弦選手は「和」のイメージのしっとりした演技。


こちらも銀メダルの鈴木明子選手は名作「シェルブールの雨傘」でドラマチックに。


ペア優勝のデュハメル/ラドフォード組の演技には躍動感がありました!


男子優勝のレイノルズ選手はファンサービス満点!衣装の背中には「風」の文字が入っています。


アイスダンス優勝のデイビス/ホワイト組。もう何度も来日していて、日本にもファンがとても多いのだそうです。


最後に登場したのは女子優勝の浅田真央選手!「メリー・ポピンズ」で笑顔があふれていました!


ショートプログラムのこのポーズもとてもチャーミングでしたよね!


大会の3日後の2月14日、高橋大輔選手と臨海スポーツセンター支援の会の皆さんが大阪府知事を訪問し、大阪府立臨海スポーツセンター(高石市)の耐震化工事のための寄附金1億5000万円の目録の贈呈を行いました。
 この日はバレンタインデーだったということもあり、贈呈式後に行われた府政情報室のインタビューではホワイトデーのお返しについての質問も飛び出し、高橋選手が少し焦る場面があったりと、終始和やかなムードに包まれていました。


立ち姿も決まっている高橋大輔選手。


「チョコレートをくれるのは娘ぐらい。」と語る知事に対し、「一番嬉しいプレゼントですね。」と返す優しい高橋選手。


モッピーにも優しいステキな高橋選手。これからも頑張ってください!

ページの先頭へ


大阪府府民文化部 文化・スポーツ室
スポーツ振興課 スポーツ振興グループ
電話番号:06-6210-9308又は9324
〒559-8555 大阪府大阪市 住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎37階
sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp