サイト内検索

HOMEに戻る

データ情報
  • イベント情報
  • 教室情報
  • 施設情報
  • 団体情報
NSNコンテンツ
  • NSNとは?
  • 更新情報
  • なみはや通信
  • 大阪スポーツ王国
  • スポーツ百科
  • リンク集
ニューズレター
  • 過去アーカイブ
  • スポーツボランティア(モッピ-クラブ)

なみはや通信

>なみはや通信TOPへ

第60回記念黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会が開催されました!

平成23年4月30日から5月5日の6日間に渡り、大阪府立体育会館を会場として黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会が開催されました。大会では東日本大震災の被災地を支援しようと来場者への募金活動や選手のサイン入りグッズのチャリティーオークションなども行われました。
プレミアリーグのトップチームみならず、高校や大学チームも含め男女各16チームによる連日の熱戦が繰り広げられましたが、5月5日には勝ち抜いたチームによる決勝戦が行われ、女子は「JTマーヴェラス対NECレッドロケッツ」、男子は「堺ブレイザーズ対東レアローズ」の組み合わせとなりました。

女子の頂点に立ったのは、大阪に本拠を置くJTマーヴェラス。2010/11V・プレミアリーグを初制覇した勢いのまま、この黒鷲旗の決勝戦でも第2セットこそ相手に与えたものの、第3セット以降は終始攻めの姿勢を貫いて試合を優位に進め、セットカウント3-1で初めてとなる黒鷲旗のタイトルを手中にしました。








優勝が決まって大喜びの選手たち。次々と胴上げが行われました。

男子を制したのは、東レアローズ。2010/11V・プレミアリーグ男子の覇者堺ブレイザーズを相手に何度かリードを奪われながらも、最後まで試合を諦めない驚異の粘りで逆転してペースをつかみ、セットカウント3-0で5年ぶり6回目の優勝を飾りました。




プレミアリーグのMVP石島選手(オレンジ)と黒鷲旗でMVPに選ばれた米山祐太選手(ブルー)の息詰まる攻防。






優勝の喜びをかみ締める東レアローズの選手たち。


MVPに選ばれた米山裕太選手(東レアローズ)と山本愛選手 (JTマーヴェラス)に大阪府知事賞の贈呈を行いました。


ページの先頭へ


大阪府府民文化部 文化・スポーツ室
スポーツ振興課 スポーツ振興グループ
電話番号:06-6210-9308又は9324
〒559-8555 大阪府大阪市 住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎37階
sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp