サイト内検索

HOMEに戻る

データ情報
  • イベント情報
  • 教室情報
  • 施設情報
  • 団体情報
NSNコンテンツ
  • NSNとは?
  • 更新情報
  • なみはや通信
  • 大阪スポーツ王国
  • スポーツ百科
  • リンク集
ニューズレター
  • 過去アーカイブ
  • スポーツボランティア(モッピ-クラブ)

なみはや通信

>なみはや通信TOPへ

アースマラソン完走の間寛平さんに感動大阪大賞を贈呈。

2011年4月5日、橋下知事は、アースマラソン(地球一周マラソン)の完走を通じて大阪府民に感動を与えたとして感動大阪大賞間寛平さんに贈呈しました。
間寛平さんは、タレント活動と平行して数々のマラソン大会に出場してきました。さらに、ギリシャの鉄人マラソン(246km)、東京~神戸間マラソン(600km)など、長距離マラソンにも挑戦、ついには前人未到の地球一周マラソンに挑戦することになりました。
2008年12月17日に大阪を出発、途中、前立腺ガンを発病しながらもアースマラソンを続行し、2011年1月21日に大阪でゴール!その距離は、4万1000kmに及びました。

アースマラソンで世界中を走っていた時のユニフォーム姿で登場した寛平さんに、橋下知事は「大阪はもちろん、全国の皆さんに感動を与えられました!」と、賞詞と大阪欄間工芸協同組合からご提供いただいた「大阪欄間の彫刻額」を手渡しました。
続いての知事との会談では「アースマラソンのきっかけは、目立ちたかったからですわー。」「しばらくは走りません。もうしんどいですわー。」と、いつもの寛平節で知事や取材陣を笑わせる寛平さん。
真面目な話、寛平さんによると、一日約50kmを2年1ヶ月も走り続けたためカラダはボロボロで、もとの状態に戻るまでは同じくらいの時間が必要だそうです。
今回の表彰会場は、南港の大阪府咲洲庁舎50階の迎賓会議室。
大阪湾を一望できる素晴らしい景色に、2008年のスタート時、ヨットで出発した時のことを思い出した寛平さんが「今日みたいな凪の海はええけど、しけたときは大変でしたわー。」「毎日景色が変わるのがいいんですわ。ホテルがあったらいいけど、ないときには野宿して、それがまた楽しいんですわ。」と話は弾みます。
大阪府では、10月30日に第1回「大阪マラソン」を実施しますが、橋下知事から大会への協力を求められた寛平さん。
「走れるかどうかはわかりませんが、何か力になりますわ。」と、快く協力を約束していただきました。

※大阪欄間の彫刻額
伝統的な日本家屋や寺社建築などを飾ってきた欄間は、もともとは京都が産地でしたが、木材を多く取引していた大阪にも伝わり技術が普及しました。材料の木目を生かし、立体感のある風景や模様を表現する手法は高い評価を受けています。


寛平さんにお渡しする大阪欄間の彫刻額とモッピー


感動大阪大賞を贈呈後、笑顔の寛平さん。


橋下知事と間寛平さんの記念撮影です。


こちらは、大阪欄間の彫刻額です。


当日、アースマラソンで世界中を走っていた時のユニフォーム姿でお越しくださいました。


今回の表彰会場は、南港の大阪府咲洲庁舎50階の迎賓会議室。大阪湾を一望できる素晴らしい景色でした。


終始笑顔の寛平さん。この日もいつもの寛平節で知事や取材陣を笑わせて下さいました!


橋下知事から第1回「大阪マラソン」大会への協力を求められた寛平さん。快く協力を約束してくださいました。


ページの先頭へ


大阪府府民文化部 文化・スポーツ室
スポーツ振興課 スポーツ振興グループ
電話番号:06-6210-9308又は9324
〒559-8555 大阪府大阪市 住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎37階
sportsshinko@sbox.pref.osaka.lg.jp